ご利用可能枠内キャッシングについて

キャッシングの限度額は利用する人の信用力によって限定されます。キャッシング会社は貸し付けたときに得られる利息が利益となりますから、できるだけ多く貸し付けたほうが利益は大きくなります。ですから、信用力の高い人に対しては積極的に貸し付けますから、限度額は大きくなります。信用力を判断するのが審査です。ですから、審査によってどれだけ借りることができるのかが変わります。

では、どのような場合にキャッシングの利用限度額は大きくなるのでしょうか。キャッシング会社が評価するのは収入の安定性です。金額も影響してきますが、どちらかというと安定しているほうが良いと考えられます。安定しているほうが返済可能性は高いと考えられるために、信用力は高いと判断されることになります。ですから、フリーターや派遣社員よりは正社員として働いているほうが良いでしょう。また、公務員は年収が低い人も多いと思いますが、解雇される可能性が低いために安定していると考えられるのです。

信用力はキャッシングの限度額に大きく影響を与えます。限度額を大きくしたいと思ったときには、返済可能性が高いということを提示しなければなりませんが、そのためには収入を証明することと実績を作ることの二つが必要です。

キャッシングのオススメ記事

  • キャッシングの希望利用枠
  • キャッシングの申込をするときには希望利用枠を申請することができます。
    買い物をするために100万円の資金が必要となったときには、まずは100万円の申請をするべきでしょう。
    実際に利用できる限度額は審査によって決まりますから、100万円の利用希望枠を申請したとしても希望がそのまま通るわけではありませんから注意が必要です。
    条件が良ければ審査に通りやすくなりますから、申請した金額で限度額が決定されることもあります。

    限度額は大きければ大きいほど良いと考える人もいると思います。
    いざというときにどれだけのお金が必要になるか分かりませんから、できるだけ多く設定しておこうと考える人も多いでしょう。
    この場合には、キャッシングの希望利用枠を最大にしておくのが良いでしょう。

    キャッシングの希望利用枠を、あえて小さくすると言う人もいます。
    その目的はキャッシングを使いすぎてしまわないようにするためです。
    利用限度額を小さくしておけば、使いすぎてしまって返済ができなくなってしまうという事態を避けることができるでしょう。
    身の丈にあった借り入れを行うためには、いざというときにはいつでも返済ができるような金額に設定しておくべきでしょう。

  • 過払い金とキャッシング
  • 長くキャッシングをしている人は聞いたことがあるかもしれませんが、過払い金というものが生じている人がいます。

    この過払い金とは、かつてグレーゾーン金利があった時代にキャッシングをしていた場合、
    現在の上限金利より10%ほども高い金利で借りていたことになるので、
    現在の金利になおして計算すると、金利を払いすぎている部分が生じるのです。

    この払い過ぎの部分を過払い金といい、返還請求を行えば返ってくるものです。

    ただ、キャッシングを現在も返済途中の場合に過払い金と相殺しようとすると、ブラックリストに載ってしまうので、注意が必要です!
    信用情報的には事故歴となってしまうのですね。

    払いすぎている部分の返還請求をして何が悪いのかと理不尽に思うかもしれませんが、
    返還請求するなら完済後に行いましょう。

    完済後に行った場合は問題ないので、ブラックリストに載ることはありません。
    また、返還請求を行わない限り過払い金は返ってきません。
    放置して一定期間が過ぎると、請求権を失うことになりますので、
    長い間キャッシングを利用している人は一度調べてみるといいかもしれません。

    ちなみに自分の借り入れ履歴は、信用情報機関に行くと見ることができます。

  • 限度額の増額
  • もし返済が困難になってしまったら